プリントケーキの作り方

プリントケーキおすすめ

プリントケーキの作り方は簡単で、可食プリンターを使用して写真をチョコレートや食用のシートに印刷をするようにするというだけです。後は普通のケーキにこれを飾ればいいという事ですから誰でも出来るという事が言えるでしょう。可食プリンターは数万円というぐらいの金額でこれを購入するという事が必要になりますが、様々なプラントが出来るという事を考えれば、これは考えてみる価値があるかもしれません。

 

可食プリンターは本当にインクプリンターの様な物で出来ていて、見た目も思わずプリンターじゃないかというようにツッコミを入れたくなるようなものですので、間違えないように注意をしましょう。フードプリンタというような名前になっているかもしれませんから、可食プリンタで見つからない時にはフードプリンタで探してみると良いかもしれません。インクも可食のものを使用しているので、当然食べることが出来るというようになっていて、シートも食べられる専用のシートが使用されているので心配は不要です。写真などのデータがあれば、それでパソコンに取り込んで、名前を入れるなどの事をしてさらに演出をしてみるという事をしても良いかもしれません。パソコンやモバイル端末で様々に加工をすることが出来るというのもこの可食プリンタの面白い所という事になります。

 

これはプリントケーキを作っている専門店でも同じ方法なので、これで専門店と同じレベルのモノが出来るという事にもなるわけです。プリントケーキは思い出の写真や好きなキャラクターなど様々なものをプリントすることが出来るので、これが使えるようになるとよりイベントを盛り上げることが出来るようになるといって良いでしょう。可食シートに印刷をするようにしているだけなので、そのシートを食べ物に貼り付けることでどんな形状にも変えられるということになります。極めて使い勝手がいいので、様々なものに使用して楽しんでみるのもいいでしょう。

プリントケーキが近所にない時は、通販で注文しよう!

プリントケーキ通販

記念日や大切な日を彩るのに欠かせない物としてケーキがあります。ずいぶん昔はケーキと言えば高級品でなかなか食べる機会がなかったので、ケーキは特別な日の物というイメージでしたが、近ごろはケーキは普段からおやつとして食べますし、それほど特別だという物ではなくなりました。そこで、特別な日に特別なケーキでお祝いをするのにいつもと違ったケーキを用意してみてはいかがでしょうか。

 

クリームがたっぷり塗られてフルーツがきれいに飾り付けられたケーキを見るだけで心躍ります。ですが、そこに写真が飾られているだけで世界に一つだけしかない特別なケーキが出来上がります。写真は食用のインクでプリントされたものなので食べることが出来ます。とっておきの一枚の写真を使えばその写真を撮った時の思い出も蘇り、会話も弾みます。プリントケーキに興味があるけど、近くのケーキ屋さんでは取り扱っていないという場合は、通販でも注文することが出来ます。

 

プリントケーキを注文する時に注意する事としては、写真を忠実に再現するため写真の質が大事になってきます。ピントがずれていたりぼやけている写真は避けてください。また、集合写真のこの部分だけプリントしてほしいという事も出来ない場合がありますので、お気に入りだとしてもその写真は使わないようにしましょう。おすすめな写真としては、鮮明に顔が写っているもの人数もあまり多くなく、背景も明るいものだとケーキにプリントしたときに映えます。写真を自分でデザインしたものやイラストでも作ることが出来ますのでこどもの誕生日なら、お子さんの写真でもいいですがお子さんの書いた絵を使ってプリントケーキにするのも喜んでもらえます。また、写真ではなくデータで画像を送る際はデータの大きさに気をつける必要があります。大切なハレの日のお祝いをするのに必要不可欠なケーキは、みんなの思い出に残るとっておきの一枚を使ったプリントケーキがおすすめです。

プリントケーキはお祝いごとや誕生日などの記念日に!

プリントケーキ人気

ケーキは普段のおやつとしても人気がありますが、特別な日に食べるスイーツとしても定番になっています。結婚記念日などのお祝いごとや誕生日のたびに食べるのが楽しみになっているケースも多いでしょう。しかし、いくら美味しいからといって、食べ続けていると感動は薄くなっていくものです。お祝いをするからには、毎回プレミアムな喜びや新鮮さがあるほうが良いでしょう。いろいろなケーキ屋を巡ったり、新作を探したりするのも一つの手です。そのような準備を楽しみとして受け止められると良いですが、実際には手間と感じてしまうことも珍しくありません。

 

そこで有効なのが、プリントケーキを注文しておくことです。プリントケーキとはその名の通りプリントを施したケーキであり、大量に生産されて販売されているものとは異なります。すなわちオーダーメイドのケーキに近く、顧客が希望するデザインのプリントをした形で仕上げてもらえます。そのため、いろいろなお祝いごとや誕生日のたびに食べても、マンネリ化していくことはありません。たとえば、結婚記念日であれば、結婚式の写真を送ってプリントしてもらう人もいます。新婚のころの記憶がよみがえり、幸せな空気に包まれることでしょう。子どもの誕生日であれば、喜びそうなイラストを親が書き、それをプリントしてもらうという方法もあります。このように自由度とオリジナリティが抜群に高いため、特別な日にふさわしいプレミアムなケーキになるのは間違いないです。

 

プリントに使われる材料にはフィルムやシートなどがありますが、どれも食べられる食材で作られているので心配はいりません。具体的には大豆や海藻などが用いられています。インクに関しても天然着色料などを使っているので、体に害を与える可能性は低いです。健康志向の人や安全性を重視する人のお祝いであっても大丈夫ということです。ただし店によって違いがあるため、心配な場合は事前に確認しておくと良いでしょう。

ケーキの種類ってどんなのがある?

プリントケーキ料金

ケーキは、一般的にフワフワとしたスポンジ系だけで無く、バター系やチーズ系及びパイ系に加え、シュー系やタルト系など多種多様に存在します。バター系は、ふわふわとしたスポンジ系と同様に小麦粉に砂糖や卵及びベーキングパウダーなどを混ぜ合わせますが、主原料としてバターを大量に使用する事から濃厚な味わいが特徴です。バター系は、小麦粉とバターなどを4種類の材料を1ポンドずつ混ぜ合わせる事からパウンドとも呼ばれるパウンドケーキが有名であり、フランスでは4分の4を意味するカトル・カールが代表的です。チーズ系は、チーズを沢山使用する製品ですが、温製のベイクドや湯煎焼きのスフレ及び冷静のスフレがあります。

 

温製のベイクドは、柔らかく塩分の少ないクリームチーズやカッテージチーズ及びマスカルポーネチーズなどに砂糖や卵黄を混ぜ合わせオーブンを焼いたスイーツであり、現在ではサブレ生地やクラッカーを土台にするものが主流です。レアチーズは、クリームチーズやマスカルポーネチーズなどを生クリームに混ぜ合わせて冷やし固めたスイーツであり、クラスト生地やムースを土台とするスイーツもあります。チーズスフレは、日本の発祥と称される事が多く、卵白を泡立てて焼き上げるスポンジタイプのスイーツです。パイ系は、小麦粉とバターなどを使用したパイ生地に甘く煮込んだ果実や食感が面白いナッツ類を包み込んで焼き上げるスイーツであり、古代エジプトのウテン・トや中近東のバクラバが起源とされています。代表的なものには、アップルパイやピーチパイなどに加え、カスタードを用いたペカンパイやミルフィーユなどもあります。

 

タルト系は、パイ生地だけで無くビスケット状の生地も使用する事から焼き菓子に分類される事もありますが、古代ローマ時代のお菓子であるトールタに由来するとされタルト生地にクリームや果実などを盛り合わせたスイーツです。シュー系は、シュークリームに代表される様に生地の中を空洞に焼き上げるスイーツであり、中にチョコレートクリームやカスタードクリームを詰め込むだけで無くパールシュガーをまぶして焼き上げる種類もあります。

ケーキの消費期限と保存方法

プリントケーキ納品

食べ物には、健康を損なうことなく安全に食べることが出来る消費期限が決まっています。この日までであれば食べても大した心配はありませんが、それ以降は見た目の変化がなくても細菌が繁殖していたりして食中毒などが起きる危険性が増すのです。スーパーやコンビニ、街の洋菓子屋などで売られているケーキでも、当然のことながら消費期限が決まっていますが、種類によって日数が変わってきます。生クリームを使ったケーキであれば特に痛みやすいので、美味しく食べることが出来る賞味期限であれば当日あるいは翌日まで、そして消費期限も2〜3日程度です。これが生クリームを使っていないチョコレートケーキやパウンドケーキになれ1週間位はもつものもあります。

 

スーパーやコンビニなどでつくられているケーキは、工場で製造されるもので輸送される時間もありますから腐りやすい果物や生クリームなどに保存料が使われている事が多く、街の洋菓子屋のケーキよりも長持ちするようになっています。それに工場の場合には第三者機関で検査をして、どのくらいの時間が経過したら細菌が繁殖するのか、といったことを調べて消費期限を決めています。洋菓子屋ではそのように手間をかけることは出来ません。そういったこともあり洋菓子屋のケーキは短い時間で消費してもらうために工場で製造されたものもよりも消費期限が短めに表示される事が多いです。

 

では、当日に食べることが出来なかったとして、どうやれば味や安全性を損なうことなく保存をする事ができるのかというと、酸素に触れさせないことが大事です酸素に触れることで生クリームは参加するし、果物は腐っていきます。とはいえ真空パックに入れるというのでは、柔らかい生クリームでは形を保つことは難しいです。長持ちをするかもしれませんが、食べる時の見た目がよくありません。そこで鍋のような真空保存容器を用意して、その中にケーキを入れて置くことで形を保ちつつ酸素を取り除くことが出来ます。あるいは冷蔵庫で真空にする機能がついているものもあるので、それを利用すれば劣化を防げます。"